APPROACH TO SDGs
SDGsの取組み

健康的で幸せ溢れる環境を全ての人へ


私たちは緑を扱う地球環境への重責を背負う、とても尊い事業を行なっています。
緑豊かな住環境の提案とともに、私たちに出来ることを真剣に考えていきます。

当社の設立動機は、1972年にストックホルムで開催された、第1回国連世界環境会議に起因します。
ここから全世界に向けて発信された世界環境宣言『地球が病んでいる』という警鐘に触発され、当社は誕生しました。

1972年第1回国連世界環境会議


SDGsとはABOUT SDGs

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。


SDGsへ向けての当社の取り組みAPPROACH TO SDGs

お庭での生活、アウトドアリビングの啓蒙、充実により健康増進、健康寿命を伸ばす。

自然と触れ合う生活を身近に。お庭での生活が充実することにより、心身ともに健康的な暮らしを提供していきます。


女性スタッフが5割を超える当社ではスタッフ一人一人の自己実現を応援し続けます。

女性スタッフが活躍できる職場環境、風土を作り、女性ならではのお客様に寄り添ったサービスを実現し続けます。当社の先進的な女性の登用、活用に対し、経済産業省のダイバーシティ経営100選の1社に当社は選ばれています。


社内での具体的なエネルギー削減目標を掲げ見える化し、スタッフのエネルギーへの意識の向上を目指しています。

環境省が推進する環境マネジメントシステム、¨エコアクション21¨の取り組みを通じ、自社で掲げる目標の達成を目指します。これらの活動と成果を評価して頂き、福岡県知事より2013・2015年にエコ事業所取組で2度の最優秀賞を、また、2019年には環境省より感謝状を頂きました。


緑あふれる街づくりを通じて、持続可能なコミュニティをつくります

公共スペースの緑化(ランドスケープ)、戸建て住宅の街づくり(タウンスケープ)、経年美を見据えた、緑の力とデザイン力、そして維持管理マネジメントで住み続けられるまちづくりを目指します。


マス破壊にはマスプロテクトを、緑化・緑のある暮らしの啓蒙を通じて緑量を増やす

CO2そのものを減らし酸素に変えること、それが「緑の生き方」。私たちは皆様に緑のある豊かな生活を提案し続け、皆様のご協力のもと年間植樹1万本を目標とし、挑戦し続けます。


グリーンライフ産業は、事業の継続発展を通じて
“健康的で幸せ溢れる環境を全ての人へ”
の実現に向け、SDGsに全社で取り組んでいきます。